好きな都市生活を楽しむ

名古屋の眺め
遊牧民が定住せず、砂漠を移動しながら生活するように、定まった場所にオフィスを持たず、自由に仕事をするワークスタイルをノマドワークと呼びます。

場所や時間に縛られることなく、自由に仕事をするこのワークスタイルが若者の間で流行っているのです。
ここでは、好きな都市のウィークリーマンションに宿泊しながら仕事をするノマドワークについてご紹介しましょう。

 

*ノマドワーカーはどんな職種?

毎日出勤するオフィスがあり、定時まで働くデスクがあるなら、それはノマドワークではありません。

それでは、定時に出勤せず、旅番組をプロジェクトしているような仕事はどうでしょう?
旅そのものが仕事なので一見ノマドワークのようですが、これも旅番組を企画、取材しているため、オフィスやデスクから一時的に離れているだけで、ノマドワーカーではないのです。

ノマドワークは例えば、フリーカメラマン、または自身の経験や人脈を使って築くコンサルタントや、ブロガーまたはライターなどがあげられるでしょう。

いずれの場合も、時間や場所に縛られることなく、オフィスを構えることも,決められたデスクに出向く必要もありません。
依頼主との大切な打ち合わせや契約でさえ、オフィスではなく、カフェやネットワーク上で完結してしまいます。
ネットワークが成熟した今の時代だからこそ、ノマドワークは仕事として活動可能となっているのです。

 

*ノマドワークのワーキングスタイルとは?絶対に必要なものって何?

遊牧民とたとえられていますが、全てがその生活スタイルを真似(マネ)しているわけではありません。
遊牧民のように財産を全て持ち歩くわけでも、目的地を決めずに旅をするわけでもないのです。

一定の場所に住居を構えていても、仕事の目的に合わせて、知りたい情報を得るために場所を移動したり、より集中できる場所へと居場所を写したりするフットワークの軽さがあれば、それらは全てノマドワーカーと呼べるでしょう。

そんなノマドワークをしている人にオススメなのが、仕事や情報のために必要な都市生活を気軽に楽しむことができるウィークリーマンションです。
ビジネスホテルと違い、フロントの設置がないため、鍵の受け渡しなど出入りする時の煩わしさがありません。

また。生活をするためのソファーやテーブル、冷蔵庫や洗濯機など家具一式が揃っているので、まるで自宅で暮らしているような快適な生活を移動したその日から始めることができます。

好きな都市、興味がある場所を訪れるなら、1週間以上は滞在したいものですよね。ウィークリーなら、ビジネスホテルと違い、長期滞在すればするほど、宿泊費が割安になります。

 

*ノマドワークのためのウィークリーマンションはどこにでもある?

日本の三大都市といえば、東京、大阪、そして愛知県の名古屋市があげられるでしょう。

ウィークリーマンションなら、このビジネスの拠点とも言える3代都市はもちろん、観光地の京都や、ビジネスの三大都市につぐと言われるビジネス拠点の福岡でも、たくさん見つけることができるでしょう。

駅から徒歩5分という駅近物件が多いので、慣れない土地でも道に迷うことなく、すぐにその都市生活に馴染むことができます。
賃貸マンションを探すとなると、短期滞在でも引越し費用となる初期費用が必要になりますが、ウィークリーなら、敷金、礼金などの支度金が一切必要ありません。

ビジネス出張や、住み替え時の一時的な宿泊施設として、使用されることが多いウィークリーマンションですが、拠点を移しながら仕事をするノマドワーカーにとっても生活を楽しみながら、仕事ができるのでオススメの宿泊施設と言えるでしょう。

交通の便がよく職場にも近い、ノマドワーカーに最適な新宿で賃貸選びは豊富な条件選びができるココをオススメします。

カテゴリー: 在宅ワーク   パーマリンク