住み替えに適したウィークリーのチェーン店舗

若い女性
 

桜の開花とともにやってくる、春の季節は新しいことが始まる季節です。
この春という人生の区切りの季節を迎えるにあたって、引越しを考えている人もいることでしょう。
引越しといえば荷物の整理から始まって、新居への荷物の手配、新しい家具の購入など手間や出費がかさむもの。
ここでご紹介するのは、賃貸への引越しではなく、ウィークリーマンションの住み替えです。
ここでは、手間も費用もかからないその内容について、あらゆる角度から解説していきましょう。

 

*引越しは出費がかさむだけでなく、手続きなどの手間もかかる

‘”引越し貧乏”という言葉があるように引越しは出費がかさむものです。
不用品の処分費用はもとより、新たな住まいへの敷金、礼金、仲介料などの初期費用や、新居の家具代なども必要になるでしょう。

頭を悩ますのは、出費だけではありません。
引越し完了後14日以内に、前に住んでいた役所の転出証明や身分証明書、印鑑を持参し、新たな住所への転入届を提出しなくてはいけませんし、車を運転しているのなら、運転免許の住所変更なども必要になってくるなど、これらの手間のかかる変更届を、引越しの手配と同時進行で、片付けていかなくてはならないのです。

また、他にも新居先での新たな家具の配置、電話やネット環境の設備なども引越しのto do リストの忘備録として書かれていることでしょう。

こんなに大変なことを、引越しの度に何度も繰り返していたら、精神的にも疲れてしまいますし、人生の貴重な時間の無駄遣いと言っても過言ではありませんよね。

 

*引越しよりウィークリーマンションの方が手間もお金もいらない?

そこで、出向社員や派遣社員など、あらかじめ次の引越しの予定が決まっているなら、毎回賃貸物件を探して引越しをするのではなく、ウィークリーマンションを使って住み替えをする方が、手間も費用も節約できるかもしれません。

ここでは、引越しでウィークリーマンションの住み替えを利用した場合の手続きについて、いくつかご紹介しましょう。

 

・住民票の移動の必要なし

ウィークリーは、短期宿泊が目的のため、住民票の移動をする必要がありません。区によってはホームページに記載があるように、ウィークリーマンションに住所を置く事ができないという内容が明記されています。
・車の免許証の住所変更もする必要なし
免許証の変更は住民票が同時に必要となるため、免許証の住所変更も不可

・敷金、礼金、仲介料などの初期費用の必要名支払い

初期費用として必要なのは、月々の賃料のみ。契約条件によってはこの賃料にプラスして、光熱費や管理費などが必要となります。基本的に一括払いですが、分割の場合も相談にのってくれるでしょう。
・新居の家具や生活備品が揃っているため、引越しのたびに買い替えの必要なし
鞄ひとつでその日から新しい生活が始められるよう、生活備品や備え付けの家具が既に用意されています。引越しのたびに不用品を処理したり、新しく家具を買い替えたりする必要がありません。

 

*ウィークリーマンション“チェーン店舗の住み替え”その利点とは?

ウィークリーマンションの間取りは1Kが多く、キッチンが独立しているタイプが多いようです。バストイレも別になっているところが多く、都内であればオートロック完備など女性に嬉しい条件が揃った物件も豊富にあります。
また、留守のときに宅配便を受け取ってくれたり、クリーニングの受け渡しを行ってくれたりなど、何かと便利なフロントサービスがついている物件もあり、ホテルライクな高級感を味わう事ができるでしょう。

また、ウィークリーを使用する際に、覚えておきたいポイントは、半年、1年など、定期的に住み替えをする場合はチェーン店舗で展開しているウィークリーマンションを選ぶようにすると良いでしょう。
ウィークリーマンションの中には、同一グループで全国にチェーン展開、一括管理しているところがあります。

長期的な見通しでも、予め計画を立てておけば、それに合わせて予約する事ができ、宿泊先が変わるたびに、審査をうけたり、支払いをしたりしりする手間が省けます。
また、まとめて予約し清算することで、割引につながり、宿泊費用の節約をすることもできるでしょう。

カテゴリー: 記事   パーマリンク