季節に合わせて住み替え

高齢者ランニング
 

せっかくの週末、家から一歩も出かけることなくダラダラ過ごし、月曜日にはいつもと変わりなく仕事に戻る…気がつけば、そんな判で押したような生活を送っていることはありませんか?

週末を挟んで、ゆっくり休んだはずなのに、なんとなく疲れが取れていないなら、その休日の過ごし方を見直す時かもしれません。
ここでは季節に合わせて住み替えができるリゾート地のウィークリーマンションについてご紹介していきましょう。

 

*自然環境に身を置くことで、明日への活力をチャージする

オーストラリアで約3000人を対象に面白いストレスに関する実験をしました。
日頃ストレスを感じている人を対象に海辺を散歩させたところ、それだけで心が安らぎ、落ち込んでいた気持ちさえ前向きに変わって、ストレスを感じにくくなったという結果がでたのです。

自然の力がどれだけ、私たちの身体に影響し、癒しを与えてくれるのか、偉大なパワーを知ることができる実験結果となりました。

また、今回のオーストラリアの実験で使われた海辺だけでなく、山や森に出かけることも癒し効果があります。

自然の醸し出す森林の香りを嗅(か)ぎ、葉の揺れる音を聞くなど五感をフル活用すると、脳が刺激され、ストレスホルモンの原因とも言われるコルチゾールの濃度が低下し、心からリラックスできるというのも、科学的に実証されているのです。

疲れている時こそ、家でゴロゴロと無駄な時間を過ごすよりも、環境を変えて感覚を研ぎすましてみませんか?

 

*避暑や避寒地にもあるウィークリーマンション!都心のウィークリーとの違いは何?

蝉の声さえ暑苦しく感じる夏の避暑地といえば、長野県の軽井沢や、栃木県の那須高原などが有名ですよね。
避寒地であれば、観光産業が盛んな沖縄などがあげられるでしょう。

これらの日本を代表する避暑地や避寒地でも、都心ほど数は豊富ではありませんが、ウィークリーマンションを探すことができます。
ウィークリーがオススメな理由は、暮らすように宿泊できること。

ホテルなら宿泊先で休息をとるというのが一番の目的となりますが、ウィークリーなら違います。
暮らすような感覚でその土地の良さを体感することができるのです。
例えば、食事一つをとっても、自炊可能なキッチンが付いているので、地元で採れた新鮮な食材で簡単な食事を作ることができるでしょう。

また、ウィークリーマンションの近辺にはコンビニや銀行、薬局など、旅行中でもいざという時にあると、とっても助かる便利な施設が揃っています。

都心のウィークリーとの違いは、都市近郊のウィークリーなら駅から徒歩5分圏内の立地が多いところ、リゾート地の場合は駅から徒歩ではなく、車で10分とやや距離があること。

しかし、リゾート地という場所柄、電車より自家用車やレンタカーで訪れる観光客の方が圧倒的に多い為、100台以上駐車可能な大型駐車場の完備があるなど、利用客に合わせたニーズが整っています。

 

 

*リゾート地のウィークリーマンションの設備内容はどこまで揃っている?

避暑や避寒のウィークリーを初めて利用する人にとって、設備は一体どこまで揃っているの?と不安に思う人もいるでしょう。
しかし、実際のところ、都心にあるウィークリーとあまり変わることなく、充実した設備内容が魅力です。

自炊ができる簡単なキッチンはもちろん、冷蔵庫や電子レンジなど全て揃っています。

広さによってはソファがない場合もありますが、ベッドや液晶テレビが付いているので、自宅のようにくつろぎながらテレビを見こともできるでしょう。

また、インターネット接続サービスも充実しています。
しかし、ほとんどの宿泊施設はネットが使えても「有線LAN」に回線が限定される場合が多い為、スマートフォンでも高速なインターネット環境を楽しみたいなら、小型のWIFIルーターを用意すると良いでしょう。
WIFIルーターの価格は2000円代から揃っており、ネットで購入可能です。

気になる宿泊費や設備内容についてはネットから簡単に検索することができます。
宿泊施設によっては期間限定でキャンペーンなどを企画しているところもあり、ネットで予約すると半額近くになることもあるので、利用前には“要チェック”と言えるでしょう。

カテゴリー: エリア   パーマリンク