ワンルーム賃貸で快適な過ごし方

女性社員
 

親元を離れた始めての自由な一人暮らし!気分は開放的になり、時には羽目をはずしてしまうこともあるでしょう。
しかし、契約時のルールや社会的マナーをキチンと守らないと住み辛くなることも…ここでは、ワンルーム賃貸での快適な暮らし方について、解説していきます。

 

 

☆ワンルーム賃貸には必須!安全のセキュリティシステム、その内容とは?

ワンルーム賃貸の家賃はそれほど高くありません。
20代の一人暮らしの世論調査をしたところ、平均家賃は約7万円弱からと収入の1/3を割り当てています。
そのため住人の大半は、住居費を抑えたい学生や社会に出たばかりのビジネスマンが中心です。

注意が必要なのは、年代の若い住人が多いため、周りからの悪質な勧誘や、空き巣などに狙われやすいこと!
安心で快適な暮らしを送るには、必ず契約前にホームセキュリティの対応物件であるかどうか、または、周りの住環境は危なくないかなどを確認したほうが良いでしょう。

物件によっては、ボタンひとつで緊急を知らせる通報システムや各種センサーによる24時間防犯サービスなどの設備が充実している所もあります。

さらに防犯だけに留まらず、火災感知やガス漏れ監視など、まるで一人暮らしの不安な気持ちに寄り添うような安心のセキュリティシステムが揃っている物件もあり、狙われやすい女性の一人暮らしには得にオススメと言えるでしょう。

 

☆ウィークリーマンションで一人暮らしを体験してみる

ワンルーム賃貸は限られたスペースが中心で、一般的な一人暮らしには1Rと1Kがあります。

1Rと1K、それぞれの違いはキッチンが独立しているか、していないか。

1Rはひとつの部屋の中に簡易的なキッチンが付いていて、1Kはキッチンが独立しているタイプです。
普段は仕事が忙しく、外食が多いのであれば1Rでも十分快適に過ごせますし、お昼は健康を考えてお弁当です!というような自炊派タイプなら、キッチンと部屋にしきりがある1Kがオススメと言えるでしょう。
1Kなら休息をとるスペースとキッチンが分かれているので、生活にリズムが生まれ、メリハリのある暮らしを送ることができます。

いずれにしても、どちらが快適か、普段の生活スタイルと照らし合わせてみましょう。

そこで使えるのがウィークリーマンション!一般の賃貸契約の場合、やはり違う!退去したいと思っても、すぐに解約できず、無理を通して退去しても、場合によっては、違約金まで発生することも…

一人暮らしはどんなものか、果たして自分に合っているかなど調べるためにも、お試し期間として、生活備品が揃っているウィークリーマンションに住んでみるのも良いでしょう。

 

☆一人暮らしで快適に過ごすなら、自分の行いに責任を持とう

一人暮らしを快適に過ごすなら、周りの環境や隣人との信頼関係を築くことが大切です。

ワンルーム賃貸の建設前は、建設会社や管理施設を相手取り、地域住民によって反対運動が起こることがあるのを知っていますか?
その理由はワンルーム賃貸に住む人のマナーの悪さが原因。
深夜に奇声を上げて大騒ぎする、ゴミを分別しない、目を合わせても挨拶しないなど、非常識とも言える社会的なモラルに欠ける行動が目に付くからです。
親元を離れたばかりという甘えが世間に迷惑をかけてしまうのでしょう。

ここではまず、社会に出て一人暮らしをすることは、自分の行いに責任を持つということを認識します。
隣人だけでなく、地域社会やその周りの人に対して思いやりを持つことで、協調性が養われ、ワンルーム生活をより快適なものにしてくれるでしょう。

カテゴリー: 助言   パーマリンク